NOTES 何もない僕

ここでは、暗闇の中にある一点の小さな光を見つけようとする姿を表現していく。

失くした愛

自分が解らなくなっていた。

人の気持ちに触れる程、自分が解らなくなっていた。

愛し合う事が出来ても、分かり合う事すら出来ない。

それでも人を信じる気持ちを忘れてはならないと、

失いそうになりかけている心を必死で押さえ込んでいる。

だからこんなに疲れている。